HOME > 指導理念

耕知塾の大方針

「勉強って実は楽しい!」
||
「生徒の頭が主役です。」

私たちの理念は、単に結果だけを求めるのではなく勉強の過程を大切にすることです。

過程が大事

そもそも何のために勉強するのでしょう。
定期テストで良い点をとるためとか、入試に合格するためとか…テストという目的のために勉強すると考えがちです。
もちろん私たちは進学塾ですから、入試で結果を出さなければなりません。
しかし、ストレートに結果だけを追い求める勉強に私たちは賛成できません。

耕知塾が目指すのは、目先の結果を追い求めるのではなく、 勉強する過程そのものを大切にする本格的な勉強です。
耕知塾が追及するのは、生徒が自分の頭を主役にして取り組む充実感のある授業(勉強って実は楽しいと実感できる授業)、 つまり毎回毎回の毎日毎日の勉強の質にこだわる、 過程重視の授業です。

一石二鳥の追及

過程重視の勉強は、生徒が大人になってからの生きる力にも通じる本質的な勉強だと考えています。
しかしながら、難関校の入試に合格するといった結果を追い求めないというわけではありません。
それどころか私たちの狙いは一石二鳥です。
それは、「勉強って楽しいと感じられる授業」 プラス「難関校などの入試に合格出来る勉強」 です。

テストの成績も志望校の合格も、人生という長いスパンで考えれば一つの通過点に過ぎません。
生徒たちは入学後もそして卒業後も成長し続けていきます。
テストの結果が良ければそれで良し、志望校に合格したらそれで終わりでもないのです。
「勉強って実は楽しい」と感じた生徒たちは結果を出した後も成績を伸ばし、志望校に合格した後も知的に成長することが出来ます。
耕知塾はこうした質にこだわり、過程を重視する成長 こそが人間的成長 につながると確信しています。

勉強が楽しくないと思っている生徒たちのため に、耕知塾はこれからも頑張って参ります。
生徒たち、保護者の皆様、そして地域の方々に支えられ、共に成長していきたいと思います。

無料体験、入塾までの流れ等はこちら。
here

耕知塾の目指す授業

耕知塾は従来の
「教え込み型」ではなく、「勉強って実は楽しい型」 を目指しています!

教え込み型

耕知塾は上図のような従来の「教え込み型」の授業ではいくら講師が分かりやすく教えても、生徒たちの頭が主体的に動いておらず、生徒たちにとって充実感ある楽しい授業ではないと考えました。
「勉強って実は楽しい型」の授業のコンセプトは、勉強するのは講師ではなく、あくまでも生徒たちであるということです。

勉強って実は楽しい型

学習内容を自分のものにしなければならないのは一人ひとりの生徒たちであって、講師ができることは、そのためのお手伝いをすることだと思います。

もちろん授業形態としては、生徒が勝手に自習して講師が質問に答えるだけ…というのではありません。講師は充分に授業準備をして、分かりやすい導入授業から始めます。そして、最後に講師がまだ不十分なところを補足したりしてまとめます。
普通の授業形態とあまり変わらないように見えますが、講師はこの授業の過程全体を通じて生徒の頭が主役 になるように工夫します。
その工夫のひとつとして、授業の過程の中に研究パートを組み込む方法を考えました。

授業過程

研究パートは、これまで耕知塾で取り組んできた「小さな哲学者」(自分の頭でじっくりと考える授業)のやり方を通常の授業の中に組み入れたものです。
講師は選りすぐりの良問(ただし、少し難しい)を選び、生徒に考えてもらいます。

ポイントは、「その問題が解けなくてもよい」ということです。
大事なのはどれだけ生徒が主体的に頭を動かしたか ということなのですから、講師が問題の解き方を種明かししたときに「ほ~、なるほど!」と思えるぐらいがちょうどよい問題だと思います。

無料体験、入塾までの流れ等はこちら。
here

▲ページトップに戻る